About-Hero-Mobile.8@2x

当社について

三菱航空機は地域航空事業を再定義することに尽力しています。名高い日本品質および世界クラスのチームにより、三菱航空機はグローバル市場により良いサービスを提供するために設立されました。本社は名古屋地区にあり、米国にもフライト・テスト・センターを含む拠点を構えています。弊社は乗客へ究極の快適性、比類のない機体性能、および航空会社に対するさらなる潜在的利益を提供するために情熱を注いでいます。

専門知識、粘り強さ、および忍耐力―これらは弊社の従業員が持つ特徴のほんの一部です。この時代において最も優秀で才能のある多くのエンジニアが、私たちの組織に加入しこうしたエンジニアの貴重な航空機開発の経験に加え、いかなる障害に対しても、しっかり対処し、目標に向かい努力するという弊社社員の熱意および願望により、三菱航空機は前に進んでいきます。

 

Meet the Leadership Team

Hisakazu Mizutani

水谷 久和 (みずたに・ひさかず)
代表取締役会長

2017年から3年間三菱航空機の社長を務めた後、2020年4月1日に会長に就任した。当社の業務及び業績全般を統括する。

水谷の指揮・指導の下、当社はグローバル企業へと変化を遂げ、日本における民間航空産業成功に向けたビジョンの策定も手掛けた。

現職の前は三菱重工業株式会社にて40年以上にわたり航空宇宙ビジネスに携わる。この間、名古屋誘導推進システム製作所 副所長、執行役員 航空宇宙事業本部 副事業本部長、常務執行役員 ドメインCEO 防衛・宇宙ドメイン長など数々の要職を務めた。

niwa-2

丹羽 高興 (にわ・たかおき)
代表取締役社長

2020年4月1日に、名古屋に本社を構える三菱航空機株式会社の取締役社長に就任した。

現職の前は、テキサス州ヒューストンに本社がある米国三菱重工業社長を務めた。

丹羽は1980年に三菱重工業に入社以来、ボーイング社のジェット機の構造製造技術者の経験を経て、製造およびインダストリアル・エンジニアリングの専門家として様々な業務を経験した。特に商業および防衛航空宇宙分野における大規模な製造プロセスの改善にインドを初め世界各国の現場で貢献した。

また、世界初の炭素繊維複合材を使った航空機Boeing 787の複合材主翼ボックス開発のプロジェクトマネジャーとして複合技術開発、設備、コストおよびスケジュール交渉に携わった。その後2017年4月より執行役員兼民間機セグメント民間機事業部長を務めた。

Keisuke Masutani

桝谷 啓介(ますたに・けいすけ)
取締役 執行役員

コーポレート室長

2018年3月から業務部長として、三菱航空機の業務管理、ガバナンス、コンプライアンス、リスク管理、秘書業務、総務、規制監督、標準システムの管理、および株主対応を統括。2019年4月より執行役員、そして2020年4月より取締役 執行役員に就任し、コーポレートに関して社長補佐を担う。また、三菱航空機の親会社である三菱重工業(MHI)との様々な調整を担当する。

2016年4月、MHI 交通・輸送ドメイン MRJ業務部長(1年間)を経て、経営企画室長として三菱航空機入社。

2013年から2015年にかけて、MHI 社長室の次長就任。1988年に三菱重工業に入社以来、三菱重工グループに32年間勤務。

Hiroyuki Tatsuoka

立岡 寛之(たつおか・ひろゆき)
取締役 執行役員

カスタマーサポート本部長

2020年4月より三菱航空機の取締役 執行役員に就任し、プログラムおよびエンジニアリングに関して社長補佐を担う。2020年7月よりカスタマーサポート本部長も兼務する。2019年4月には執行役員 プログラム推進本部長として三菱航空機がグローバルで世界クラスの組織へと変革することに貢献。

これまで、12年間にわたりSpaceJet M90の開発に従事。

三菱重工グループにおいて、30年以上にわたり航空機製造分野に従事。SpaceJet M90の開発プログラムへの参加前は、対潜哨戒ヘリコプター(SH-60J)、支援戦闘機FS-X、支援戦闘機F-2、およびボーイング777-300などのプログラムに関して幅広い開発経験を獲得。他にもMH-53EヘリコプターおよびF-4戦闘機のオーバーホール(分解点検)プログラムに従事。

Yasuhiko Kawaguchi-1

川口 泰彦(かわぐち・やすひこ)
執行役員

チーフエンジニア 兼 技術本部長

2020年7月より三菱航空機の執行役員 チーフエンジニア兼技術本部長に就任し、国内外のエキスパートと共に三菱スペースジェットM90の型式証明取得を目指しプログラムを推進する。

2016年に三菱航空機入社後、技術本部長・技師長を務める。その後2018年に、モーゼスレイク・フライトテスト・センターの副所長に就任し、試験管理室長として米国で実施する飛行試験の全体を統括した。

現職の前は、1985年に三菱重工業株式会社に入社後、FS-X(次期支援戦闘機)開発、F-15近代化、先進技術実証機開発と防衛機種開発プログラムにおいて、一貫して装備系統を掌握し、航空自衛隊仕様の全戦闘機(MHI担当)の装備系統も取りまとめた。

また、先進技術実証機開発においては、装備系統、中でも国産開発の実証エンジンと機体の推力変更パドルのインテグレーションを、飛行試験段階の開発チームサブリーダーとしてプログラムを推進し、ステルス機開発に貢献した。

Hitoshi Iwasa

岩佐 一志(いわさ・ひとし)
米国三菱航空機社長                     モーゼスレイク・フライトテスト・センター長

米国三菱航空機の戦略及びビジョンの策定について、所掌。航空機開発のエキスパートが世界中から集まったモーゼスレイク・フライトテスト・センターの発展に貢献した。

三菱スペースジェットプログラムには、2007年より携わり、三菱重工グループにおいては、1983年より勤務している。

2008年、三菱航空機入社(営業部営業企画グループリーダー)。営業企画や経営企画・事業戦略の統括を9年に渡り、経験。2016年4月に、モーゼスレイク・フライトテスト・センターに異動(副所長)。2017年に同センター所長。2019年1月、社長室兼務。

当社への入社前は、三菱重工業で20年以上経営戦略の策定および製品ポートフォリオマネジメントに従事した。