Latest-Hero-Desktop@2x
Latest-Hero-Mobile@2x

TAC: コロナウイルス終息後、米国リージョナルエアラインが大手エアライン向けに担う重要な役割

Posted by Mitsubishi Aircraft Corporation News Team on 2020/04/22 3:59:58

COVID-19による危機およびそれに伴う景気低迷により、世界中の航空宇宙産業は大きな難題に直面しています。渡航制限による急激な需要の減少により、航空会社は、いかに事業を継続するかという困難な課題に取り組んでいます。Courtney Miller氏は、最近の「The Air Current」の記事で、このパンデミックの中で明らかになった、商業航空業界における興味深い新事実について述べています。

2020年の初頭は一部のリージョナルエアラインにとって厳しい状況でしたが、COVID-19の影響は、逆説的に、リージョナルエアライン(特に独立系のリージョナルエアライン)の立場を相対的に強くしています。

その他にも、Miller氏はCOVID-19による短中期の潜在的な影響を評価しています。その中には、大手エアラインがオフバランスシートの手段を通じてネットワークのカバー範囲を維持していくことが、独立系のリージョナルエアラインに相対的に安定した立場を継続的にもたらす可能性がある、ということなどが含まれます。

The Air Currentの洞察および分析の全文は、こちらから。

Topics: News