Landing-Page-Hero-Desktop-Meet-Mitsubishi-SpaceJet
Landing-Page-Hero-Mobile-Meet-Mitsubishi-SpaceJet

三菱航空機、開発中のリージョナルジェット機はMitsubishi SpaceJetファミリーへ

乗客に最大の客室スペースを、航空会社に高い運航経済性を提供

Mitsubishi Aircraft Corporation News Release
June 13, 2019

三菱航空機株式会社(以下、三菱航空機)は、開発中のリージョナルジェット機のMitsubishi SpaceJet(三菱スペースジェット)ファミリーについてお知らせします。Mitsubishi SpaceJetファミリーは乗客に最高の快適性を、航空会社に優れた運航経済性とさらなる高収益の可能性をもたらします。これまで未開拓であったリージョナルジェット機の市場ニーズに応える航空機ファミリーで、SpaceJet M90(これまでのMRJ90)ならびにコンセプトスタディ中のSpaceJet M100(リージョナルジェット機における新しいスタンダードとなる機体)の2機種で構成される予定です。

三菱航空機 社長の水谷久和は次のように述べました。

「Mitsubishi SpaceJetファミリーは、リージョナルジェット機ビジネスを再定義するという三菱航空機の計画を具現化する機体です。当社はSpaceJet M90の初号機納入に向けた準備を進める一方、過去数年間にわたりリージョナルジェット機市場の調査を続け、現在と将来の市場ニーズを探ってきました。その答えがコンセプトスタディ中のSpaceJet M100です。この2機種は新たな変化が急速に求められているマーケットに対する当社の継続的な取り組みを示すもので、航空会社は乗客の満足度を高めるとともに著しく収益の向上を実現できます。」

SpaceJet M100は同クラス機で最大かつ最も快適な客室空間と最高の機内設備を備え、乗客に一段と優れたフライト体験を提供するほか、同クラス機と比較して大幅な性能向上およびオペレーションの低コスト化に貢献します。リージョナルジェット機で最大の幅と高さを誇る客室空間や最も広々としたエコノミークラスシートを採用したほか、1人1つのローラーキャリーバッグを収納可能な大型オーバーヘッド・ビンを備え、預け荷物の削減に貢献します。また客室には最先端のテクノロジーと最新のアメニティを搭載し、乗客のフライト体験を向上するほか、航空会社にさらなる収益確保の機会を提供します。

これまでのMRJ70の検討内容を発展させたSpaceJet M100は、米国をはじめとするグローバル市場のニーズに最適化された機体で、65~76席の3クラス仕様で米国のスコープクローズにも準拠しています。シングルクラスでは最大88席まで拡張可能であるなど、幅広い客室仕様オプションと業界最高クラスの運航経済性を有し、世界各国の多様なニーズに柔軟に対応できます。さらに、一から設計されたSpaceJet M90をベースにしたSpaceJet M100は、M90と同じく最新のICAO基準をクリアする低騒音・低排出ガスを実現します。

2020年のローンチカスタマー 全日本空輸株式会社(ANA)への初号機納入に向けて、三菱航空機は過去数年間にわたり、民間航空機ビジネスに求められる能力を大幅に高めてきました。航空当局と密接に連携して型式証明(TC)取得に向けたシステムを構築し、国土交通省航空局(JCAB)ならびに米国連邦航空局(FAA)とともに米国ワシントン州モーゼスレイクにてTC飛行試験を開始しました。また将来に向けて、カスタマーサポートや営業をはじめ、マーケティングや新製品開発など主要部門の体制強化を続けてきたほか、ワシントン州レントンに米国本社を移転し5月10日にオープニングセレモニーを開催しました。Mitsubishi SpaceJetファミリーは、当社がリージョナルジェット機市場での足場を築く基盤となるのみならず、日本に健全でグローバルな競争力のある航空機産業を確立するための道を切り拓くものとなります。

三菱航空機 最高開発責任者(CDO)のアレックス・ベラミー(Alex Bellamy)は次のように述べました。

「リージョナルジェット機市場は、未曾有の成長性を秘めた魅力的なマーケットです。移動手段として、リージョナルジェット機を利用する方は世界中で何百万人にも上ります。リージョナルジェット機のフライト体験がメインラインの運航機と同等かそれ以上になる日もそう遠いことではありません。Mitsubishi SpaceJetファミリーはこれまで過小評価されてきたリージョナルジェット機市場に高いレベルの価値をもたらし、新たな世代の乗客に真のきめ細かなサービスを提供します。」

三菱航空機はパリ・エアショー会場内パビリオンB6においてSpaceJet M100のキャビンモックアップを展示します。なお、SpaceJet M100プログラムは現在コンセプトスタディを継続中であり、公式ローンチが決定すれば今年後半に発表の運びとなる予定です。

三菱航空機について

三菱航空機株式会社はMitsubishi SpaceJetファミリーの開発・製造・販売及びカスタマーサポートを手がける三菱重工業グループの企業です。次世代のリージョナルジェット機であるMitsubishi SpaceJetファミリーは、同クラス機で最大幅のエコノミークラスシートや最も高い天井高、大型オーバーヘッド・ビンなどの設備を採用し、これまでのリージョナルジェット機にはない快適な客室空間を提供します。本社は名古屋地区(豊山町)にあり、米国ワシントン州モーゼスレイクに飛行試験の拠点を持っております。三菱航空機に関する詳細はwww.mitsubishiaircraft.comをご覧ください。

Get in Touch to Arrange a Meeting